肴はあぶったイカでいい 女は無口な人がいい ユニクロは油断しやすい
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
ライスとともにこの一年
今年を振り返ろう、と思いつき、考えて考えてみたところ、結局ライスが中心だった今年一年。 

実は彼らに注目し始めた最初のころ、「しばらくしたら飽きるかなあ」と思っていたんですよね。
テレビでの露出がそれなりにある人ならばともかく、
地方に住んでいて「売れない芸人」をいっしょうけんめい応援するというのは、
物理的にも難しいし、そうしたら気持ちがそのうちついて行かなくなることもあるから、と。 

しかし、本当にインターネットさまさま、でした。 
AGE AGE LIVE、シチサンライブが見られることによって、
東京の若手芸人がとてもチェックしやすい。
特にシチサンライブは後日配信ですから、見ようと思えば全部チェックできるわけで。 

ライスがシチサンライブの隔週メインを張るようになって数カ月。 
相変わらずフリートークは不安な点もありますが(そもそも田所の滑舌が悪いんだからしゃーない。) 
フリートークがまだまだ「20代のわりとフツーの男子」っぽいのに対し、 
黒さに満ちあふれたコーナーのギャップがすばらしいのではないでしょうか。 
さらに言えば、普段かわいげのない田所がふと20代の男子に戻るというか、
服装のことを言われてちょっと照れてみたりする瞬間が好きです。

やっぱり、どこでも話題になっていたのはドッキリ企画。 
テレビでもなんでもドッキリというのはベタで王道の企画ですが、
「人が死ぬ」ドッキリなんだから黒すぎる。
冗談じゃない!ってのがだまされた側の正直な意見だろうなあ。 

関ちゃんが死んだと聞かされながらも、いっしょうけんめいにコーナーを成立させようとがんばったゆったり感にジューシーズの赤羽さん、児玉さん。
何より田所の背中を押した男前すぎる押見さん。
出番がなかったのに、関町が本当に死んだらこんな感じなのかと考えて悲しくなり、ネタは知っていても楽屋でみんなと泣いてしまった池ちゃん。 

実は一番黒いのは、ひとりだけ何も知らずにはしゃぐKY男を演じたジューシーズ松橋・・・!?
(この男も最近目が離せない人のひとり)

関ちゃん愛されてるなあ、と思ったし、みんながあんな顔するもんだから、赤羽さんが「よかった〜!!」と言って崩れ落ちたときには思わず涙。
お笑いライブに涙って、ありなのか・・・?
だけど、本当なら「冗談じゃない、ふざけるな」と思うはずのところを「あぁなんだかよかったー。しかも笑ったー」と済ませられるのは、
関ちゃんのもともとのキャラもあるんじゃないかなあ。
「お前なんか死んだってよかったよ!!」って言えちゃうキャラ。  

そのほか、「新しい波16」に出演したものの、「ふくらむスクラム」のレギュラーメンバーになれなかった面々が集まった「73色々反省会」、
9期が昔の格好に昔のネタで出演した「バック・トゥ・ザ・キューキ」など、
自虐とブラックさにあふれた企画。
「人望あるのかお呼ビンゴ」など、お客さんも何が起こるのかワクワクして楽しかった企画。 

田所の頭ん中、どうなってんだ!? 
27歳の若手芸人の頭ん中くらい、一年もすればなんとなーくわかるようになるんじゃないのかなーくらいになめていたら、いまだに全然わからない。
あの男が何を考えているのか。
まだまだ引き出しに物をたくさんつめこんでいるんじゃないか。
新作コントにもいつも感心してしまうし。 

ベタほめすぎて気持ち悪いですが(苦笑)。
 
またさらにベタぼめをすると、普段は何を考えているのか全然分からない、
情熱家とか努力家とかいうイメージのない彼が
この間のシチサンライブで「芸人、前の年より少しずつでも仕事が増えていれば大丈夫。昨年よりはテレビの仕事も営業の仕事も、少しずつ増えている」となんだかちょっとアツいことを言ってくれてたのが印象的だった。 
この男もそういうことを考えるんだなあ、と。
また田所がわからなくなった。 

 
ここまで関ちゃんのことをあまり褒めもしない私ですが・・・・
今年は関ちゃんのスクラッチが定着した年でしたねぇ。
POISONの阿部ちゃんが「お前コスいなあ」と言いながらニヤニヤしていた顔がたまらなかったです。
どこまでわざとでどこまで天然なのか、かわいい人ですよねえ。
そして「○○な話」に出て、ひとりでもやっていけるようなことを言う田所に
「俺はお前を追いかけるよ」と言った関ちゃんが好きです。
私たちと同じく彼は田所仁を好きなんじゃないかなぁ・・・・と。

某番組のオーディションで「君達は合格する気があるのか」と怒られたり、
本人たちも焦りを感じるときだと思います。
けれど、田所の言うように
「昨年よりも少しずつでも仕事が増えれば」。
2010年のライスが昨年より少しでも前に進めていますように。
KOCで準決勝くらいまでいったらうれしいなあーー。

あげてあげる人たち / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
寒いところで戦うオトコ
 昨年に引き続き、yahoo!で観戦したM−1敗者復活戦。
その「お祭り」を振り返ります。

あ、苦言を呈するとすれば、地上波の敗者復活戦は別にいらなかったなあ。
それなら昨年と同じく配信で最後まで見せてー!と。
お金は払うからー!と。


ただ、今年は囲碁将棋、オリエンタルラジオ、POISONと
大好きな人たちに昨年よりも確かな「手ごたえ」を感じて
うれしくて楽しくて、そして笑いました。
ほんとにこの3組は、敗者復活「あり」だったと思いますよ。上出来でした。

ほんとにPOISONは楽しかった。最高でした坊ちゃん!!阿部ちゃん!!
バカバカしかったなー。五木ひろしのものまね。
どうやって語ればあの漫才のよさがわかってもらえるだろう?ともどかしいけれど
ダイノジの大谷さんの言葉を借りれば
「あんだけくだらいのをあんだけ説得力ある漫才に仕上げる」っていう。
とにかくとにかく腹がよじれるほどに笑った。

「もしかしていけるかもしれない」
という思いがあって、同じ思いの人がtwitterのタイムライン上にもいたりして
うれしかった。
ただただ吉田さんの「テレビの前で待ってて」の言葉を信じていて、よかったなあと。
結果はどうあれ、あの日の吉田さんはヒーローでした。

ヒーロー吉田さんに対し、オンラインで
麒麟さんを「あれだ、ぞう・・・じゃなくて麒麟」と言ったり、
「俺らもウケてたんだけどぉ〜俺らの後のアホマイルドがすげーウケててー」
と言ったりした阿部ちゃん(苦笑)。
ありゃどうにかならんかね、と思いながらも、この阿部ちゃんの相方である吉田さんはやっぱりヒーローだと感心。
そしてこの阿部ちゃんの失礼さを何かに使えないか真剣に考えた夜でした。


そしてオリエンタルラジオ。
まさかの3回戦敗退で、ほんとうに信じられなくて落ち込みました。
あっちゃんブログのタイトル「謝」に、はじめは「謝る」ほうかと思っていたのだけど、
「感謝」の「謝」でとてもよかった、
感謝するのはこちらです、とあたたかな気持ちになりました。

オリエンタルラジオの漫才はむくむくと成長を遂げていますよ。
「M−1でおすすめは?」ときかれたら、たいていオリエンタルラジオか囲碁将棋を
あげるのですが、もう胸を張っておすすめできるかなあ、と。
数年前までは「練習量」でもってる感じだったのですが
ボケのひとつひとつが立ってきたなあ、そして何より楽しそうなのがいい。
テレビやなにやら仕事が忙しい中で、あれだけのネタをきちんと仕上げているのは
すごいですよね。漫才に対する熱を感じます。

個人的かつ勝手な想像ではありますが
ここ一年くらいのあっちゃんの変貌ぶりがうれしく、
こんなにも人って人相変わるかな?と驚かされています。
たぶん、たぶん、芸人としても男としても成長してるのでは。
目が離せない人です。


そして囲碁将棋。
昨年は「こりゃあ、うーん・・・思ってたよりいまいち」ってのが正直な感想でしたが
今年は適度な緊張感と適度な落ち着き。
会場に響き渡る文田の歌声・・・・ほんと無駄に歌がうまい。めちゃくちゃうまい。
オンラインでの文田の様子を見るに、そろそろ準決勝、敗者復活での敗退が
悔しくなってきたころなのでしょうね。
ブログでの文田の男前っぷりも、「きちぃ」と思いつつも、やっぱり素敵でした。
あなたたちがあの舞台に立っているその日を待っています。



その他、

ロシモンのネタ中に音が鳴ってしまったのに、なんてことなく乗り越えたり
千鳥の「むしあなご」が後になってからツボになったり
ジャンポケの将来性がとても楽しみになったり
50組以上いるのに唯一ネタを飛ばしたポンコツ野郎Qちゃん(愛こもってますよ)と松田さんの関係に笑ってしまったり


みなさんまた来年ね。
続きを読む >>
お笑いつれづれ記 / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
色々あるから どうか元気で
お久しぶりです、と言うのもいいかげん恥ずかしいほどの久々の更新。
ひっそりと、復調女、こおろぎです。
いまさら感はばりばりですが、やっぱりここは振り返っておかないといけない話題。 
M−1グランプリについて振り返っておきたいと思います。 

まずはパンクブーブーさんおめでとうございました!! 
私も純さんと同じく、優勝の瞬間「あぁこれは当然パンブーが優勝だろうな」 
と思いながらもなんだかもうあ然としてしまい、ぽかーん、でした。 
東京03がキングオブコントで優勝したときと似てる?
いや、それよりは正直違和感あったよね。 
(パンクブーブーの優勝に対する違和感じゃなくて、 
M−1グランプリという大会に対する違和感なのかも) 
それはたぶん、哲夫さんも純さんも同じだったと思う。 

だけど大事なのは、結果じゃなくてこれからなので。 
彼らがこれからの多忙な日々に、潰れず、明るく、楽しく、
まい進してくれることを 願うばかりです。

とりあえず、友人の「それがさぁ、今年の優勝ぶっさいく」 
というヒトコトに傷ついて、なーんにも言えなかったことを報告いたします。

顔がどーとかそういう問題じゃないからね。 

「鳥人」のことは、あまりにも話題にのぼりすぎて、 ちょびっとだけあの反響がくやしいので まだ誰にも一言も「とりじん」と言ったことがありません。 
別にアンチでもなんでもありませんが。おもしろかったんですよ。 

最後にどうして笑い飯があのネタを選んだのかなー?というのも、 
もういろいろな人が語りすぎていて、いらないかな。 

ただ言えることは、ただやりたいネタを純粋にやっただけ、なのではないかな、と。 
笑い飯ぐらいだったら、どのネタをどうもってけば優勝できるか、
もうわかっているだろうし だけどたぶん、お笑いっつーのはそういうことじゃない、
と言いたかったのかもしれないよね。 

放送終了後、よしもとオンラインで千鳥に 
「千鳥が敗者復活できひんかったら、優勝するって言うてたもんなあ」 
と少し悔しそうな声で言ってた哲夫さんが印象的だった。 
そして西田さんの 「一枚目のテストで100点とって、二枚目のテストにウンコ乗ってた」 の一言は秀逸でした。 

そして大大大好きな南海キャンディーズ。
決勝進出が発表されたとき、しずちゃん泣いてましたねー。 
そのときの彼女を見る山ちゃんの顔は優しかったなあ。

山ちゃんいわく「相方さんは『芸人だとみられたい』という思いが強かったらしいです」。
ボクシングでオリンピックも目指すしずちゃんに、 
スッキリ!で「(優勝したら)しずちゃんに全額賞金をあげます。そしてセコンドつきます」 と言った山ちゃん。 
男女をこえたコンビ愛。まさに「漫才という名の赤い糸」でした。 

本番、山ちゃんはガッチガチに緊張していましたが 、
南海キャンディーズはこれからが「はじまり」なのだと思います。
再スタート。 まだハードルのとこまでもたどり着いていない。 

23歳、ハライチの強さは感心でした。私より年下のファイナリスト。 
笑い飯の大爆笑のあとで、強かったねぇ。 
岩井のひとりで笑っちゃうあれがひそかに好きです。 

M−1グランプリという大会自体に疑問がつのった大会だったような気もします。 
それはちょっと残念。 
審査員とか。 (山里さんが「あの知事何言ってんだ!」とラジオで言ってました。チクり。) 
NON STYLEの敗者復活も、それなら最初から・・・と思った人もいたでしょう。 

けれど、収穫も多かったM−1。 
敗者復活には、将来性がびりびりと感じられる人たちがいっぱいいました。 
twitterであーだこーだ言いながら観戦するのも今年が初めて。 
同時にたくさんの人と思いを共有できるツールというのは、すごいなあと。 

敗者復活の話はのちほど。
お笑いつれづれ記 / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
地獄と泥
もうだいぶ前の話になりますがアメトーークの「泥の97年組」にLLRのシチサンライブ(真の地獄決定)を重ねてみたりして。
 あとライスのシチサンライブも重なりました(73色々反省会)。 

 だけどみんな愛してる! とだけ。 

地獄決定で「俺7期がよかったー!!8期嫌だーーー!!!」とわめいたキヨちゃんを
 「8期だから売れないわけじゃないよ」と諭したマキシマムパーパーサム長澤さんは大人だと思った(笑)。 
8期を見てると6期と7期ってしっかりしてんなぁ、と思ったものよ・・・
 ただ最終的にかわいくなるのは8期なのかもな、とも。
まだまだかわいくはなれない・・・けどw 

ライスのシチサンに関しては、かたつむりとライスのエピソード 
(林さんが田所さんに「ライスさん、俺らずっと一緒ですよね?」と言ったのと、
 関ちゃんが中澤さんに「今日は朝まで飲むぞ!」と誘ったこと) 
がけっこういい話というか、ほっこりして、みんな「負け組」なのかもしれないけど 
ここで負けてもいいじゃん。と思えて、みんなそのままで、根っこは変わらないでいてくれたらなぁ、なんて。 
それでいつの日か、このあたりのメンバーで素敵なお化け番組・・・できたらいいのになあー。 

 さて。ここ最近、全然ブログを更新していなかったので、いろんなことを順不同にぶわーっと羅列します。 
すんません。

ひとつは、麒麟田村さんの「探偵」デビュー。
 まったく新探偵になるとはつゆ知らず、テレビ欄の新探偵ということばに「誰だろねー」と 
なにげなく見ていたら、まあこの人なんだもの。 
(ちなみにモザイクかけたってあの顔の長さと色の黒さじゃすぐわかるんだねw) 

田村さんらしいミラクルと、田村さんらしい純粋さでよいスタートとなったかな、と。 
これからの活躍が楽しみです。 
そういや、たむらけんじさんがいるからWたむらなんだよねぇ〜。 

もうひとつは、最近のレッドシアター。 
オープニングがとにかくかっちょいいので、ただミーハーな気持ちでかっちょいいー!というのと、 
あそこにライスがいたらなぁ、とか、なんかまぁいろいろと嫉妬のような気持ちもありつつで
 見ています。でもやっぱり楽しい。コント番組って大好きだ。 
レッドシアターで一番好きなキャラクターは、「コンニチワ根岸」。 
コカドさんが好きになりました。大好きです。 
関根さんの評価する「コカドのまわし」は最強。と思ってます。 

あと最後、畑中アイドル軍団に混じっている囲碁将棋・文田氏の雰囲気が気になります。
 本人も言ってるとおり、やっぱり違うよなぁ(笑)。 
その違う感じが好きといえばそうですが。 
あと、いまだしんちゃんがどういう人なのかつかめず、彼をシチサンとかで見ると戸惑いを覚えますw 慣れてないだけ。かなーとか。
あげてあげる人たち / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
サマンサタバサ閉まっちゃう
 カナリア単独ライブ「ヒッシノパッチ」in岡山3丁目劇場、行ってまいりました。

カナリアのことをよく知っているお嬢さん方もいれば、ぜんぜん知らないおじさんおばさんもいる、
なんとも地方らしい会場だった気がします。
しかし、南国の鳥が飛んだところでわりと大きな拍手があがったところを考えると、半分以上のひとは
ふだんからオンラインやらなにやら見ているのかもしれないですねぇ。
私もそのひとりであり、おお、生「南国の鳥」だ、なんて。

M−1に向けたツアー、ということもあり、漫才は5本。
しかしどれも長いと感じることはなく、むしろオチの言葉がやってくると「あーもう終わり?」と思う。
お客さんを退屈はさせてない。
退屈はしないけどドカーンというインパクトをもたせるにはもう一歩、という印象も。
ただ、M−1に持っていくにはカマキリのネタをおすすめしたい。なんとなくですが(笑)。
ボンちゃんが安達さんにボケを指示する、というネタも、ボンちゃんががんばるネタが大好きな私としてはおすすめのひとつ。
ちなみに、どちらのネタからでもありませんが、タイトルの言葉はかなりお気に入りのボケでございます。


中盤長めのトークコーナーがありまして、そこで印象に残ったお話を箇条書き。

・岡山といえば元相方の哲平さん(岡山出身)を思い出す安達さん。
「元気してるかなー?」と思うらしい。なんかすんげーいい話で、哲平さんなにしてんだろう・・・
元気にやってんのかなあ・・・(遠い目)・・・・・・・最近井本さんの舞台とか出てたから元気だよねー
とか言う私はひねくれモノです(笑)。

・広島のフラワーフェスにて、ものいいの横山さんと歩いていて「カナリアだあ!」と声をかけられたボンちゃん。横山さんはしかたなくボンちゃんといっしょに「10円ちょうだい」をやったらしい。
(安達さん「俺そんなこと一回もやったことない」)
時を同じくして、サラダさんと歩いていて「ものいいだ」とこわそうな人に声をかけられた安達さん。
しょうがなくものいいのふりして「おぉーお前らがんばれよー」「ハイー!がんばります!!」

・お客さんから回収したアンケートを手に持ちトークするのですが、
そのアンケート用紙をぐっちゃぐちゃにしちゃうボンちゃん。ボンちゃんをしかる安達さん。
ボンちゃんは適当だけど安達さんは几帳面。
ボンちゃん「安達くんA型やもんなー」
安達さん「AB型や」
(ボンちゃんは「AB型」の「A」が入ってると言いたかったらしい)


カナリアが東京に出てきて6年だとか。
最初にネタを見たのは、それじゃあ5年くらい前?
シュガーライフ、ババリア時代の話もあって、時の流れを感じていました。
懐かしいなあーお互い歳とったよなあ(笑)。
ボンちゃんをはじめて見たときには、トミーズ健さんの再来だと思って興奮したんだよねー。
思えばあのときより安達さんは漫才できちんとキャラが立つようになった気がする。
ボンちゃんは・・・そんなに変わらない(笑)けど、どちらかというと永遠にそのままでいてほしい。
だって健さんだって・・・たぶん、そうじゃん(笑)?

年末に期待。祈。
あげてあげる人たち / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
あすはヒッシノパッチ
お久しぶりです。

4月に入って部署が異動しまして(入社2年目にして2度目の異動っす。会社に振り回されております)
バタバタしているうちに早や5月。

なーに?JUGEMの管理画面ががらっと変わってるじゃんかよ。戸惑うなー。

明日は岡山にて、カナリアのヒッシノパッチ。
全国ツアーは事務所的な狙いの現れだと思ってますわたしは。
愛されてる、ってことでしょう。期待されてるんだろうなーと、ぼんやりと考えたりしますが、
明日はなーんも考えず、楽しんでこようと思ってます。

では、また。
あげてあげる人たち / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
寒中お見舞い申し上げます
もはや寒中見舞いを出すにも遅い時期となってしまいました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

あけましておめでとうございます・・・・・・


仕事が忙しかったり、いや年末年始はそれなりにお休みもいただいたので
忙しかったわけじゃあないのですが無気力感に見舞われたり・・・

言い訳はよしましょう。
すみません(笑)。

ともかく、2009年は「さらにエロく」と宣言した綾部が私は好きです。
彼は2009年、彼、じゃなくてピースは2009年、きっと飛躍してくれると期待しています。
綾部の仕切りの巧さ(どこでもきちんとできる人だと思う。ビッグな人が目の前にいてもね、内心はもちろんビビるだろうけどソツなくこなせる優等生だと私は思うのです。
だって彼は「お笑いポリスメン」だし。)
と又吉さんの不思議さ(私も正直未知すぎてまだつかめてない。しかし私も太宰と芥川は好きなわけです)をもってすればお茶の間の人気者になれる!と。

あとね大谷さんと同じこと言いますが、囲碁将棋とマヂカルラブリーもくる。

んではまた〜(書き逃げ)

P.S.一度もシチサンライブを見れたためしがありません
(そんな早い時間に帰れないっす)
お笑いつれづれ記 / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
彼らの時代がやってきた
みんなが書いてるM-1、ですよ。
先に敗者復活戦について書いてみるとするか。

今年はyahoo!プレミアム会員万歳でして、お休み(実際は半休)万歳でして、
敗者復活戦をほとんど拝見いたしました。
(ホリプロコム勢見られないのがざんねん)

オードリーは笑いの量が他とはっきり差がついてた。ってのはまぁ、あとで。

カナリアとかマヂカルラブリーとか、チーモンもよかったなーと思いますよ私。
特にカナリアなんて、今日はとってもいい出来だ〜と思って、
終わったときに拍手したもの。なんだかもううれしくてうれしくて。
マヂカルラブリーは近いうちにファイナルへ行くだろうという確信を持たせてくれました。いいよね〜。もうなんだかかわいくなってきちゃったし。
チーモンは声援の大きさが違いましたね。客を味方につけてるって点は強い。
あとやっぱり、さらっと下を持ってくるのがくだらなくて大好き(笑)。

というわけで、ここからは本戦について書くのです。
(mixiの焼き直しw)
続きを読む >>
お笑いつれづれ記 / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /
チェックの男
フィガロジャポンの大さんは、かっちょよかったと思います。いまさらながら。

ん?大さん・・・「は」??
いやいやそのう、いちばんしっくりきておられたなぁ、と。
ねぇ。かっちょよかったっすよねぇ、あれ。
また大さんてハンチング似合いますよねー。素敵。

さっき気がついたんですけど、Dさんが着てるパンツと大さんが着てるジャケットって上下なんだー。ふへー。

個人的に、COWCOWさんの写真とか好きです。
ああいう格好がなんだか似合うひとたちなんですよねー。
ちなみにCOWCOWさんの写真集は、サイン入りでいまだにもってますよー。
あげてあげる人たち / comments(39) / trackbacks(0) / こおろぎ /
次のステージへと
キングコング
ザ・パンチ
ダイアン
ナイツ
NON STYLE
モンスターエンジン
U事工事
笑い飯

どうもこんにちは。あらためましてアンチ☆キングコングです。
ザ・パンチさんの決勝進出が地味にうれしいです。
どうやらとてもうれしいようで、「ありがとう!ザ・パンチさん!!」とか、
今ごろ浜崎さん、家城さんと飲んでるかしら〜なんて考えてみたり。
それよりネタ合わせかしら。
松尾さんのフォルムとか声とかツッコミの感じとか、好きです。
なんだかんだでナイツが一番強いんじゃないかしら、と思っています。
NON様、ようこそ決勝へ、でございます。
90年代生まれが待ちわびたNON様の決勝進出でございます。(ただのイメージ)


POISON、残念でした。
あぁ、もうもう悔しい。悔しい。だけど敗者復活!4482番!
POISONの新ネタを見たい。あぁーもう。
チーモンも残念でした。でも敗者復活!4457番!
お笑いつれづれ記 / comments(0) / trackbacks(0) / こおろぎ /